株式会社タミヤ見学

タミヤは現在ラジコンに夢中な子供はもちろん、若かりし頃に夢中になったことがある大人にも聖地のようなところです。

ラジコンカーを作っている企業はいろいろありますが、僕が小さいころ田宮模型のラジコンカーに人気があったのは、あの偉大なラジコンカーのレース番組、「タミヤRCカーグランプリ」が放映されていたからだと思います。

現在は不定期で放映されるだけですが、タミヤRCカーグランプリは全国各地で開催されていて、タミヤGP全日本選手権やワールドチャンピオン戦などもあるぐらい人気のイベント!

一般の人たちが熱い想いで戦う姿はおもしろくて、見れば見るほどラジコンが欲しくなったことを思い出しました。

「今日のメンバーなら優勝できたな」

と思ったりしましたね。
そんなタミヤにワクワクしながら突入です。

タミヤ本社に到着して最初に思ったのは、「以外と小さくてびっくり」でした。

あのタミヤですから!笑

たぶん自分の中で期待が膨らみすぎていたのでしょうね。
冷静に見れば十分大きいです!

そんな衝撃を味わったなか見学が始まりましたが、さらに意外な感情が出てきました。

「タミヤの歴史で、こんなショボイの作ってたの?」
「こんなもんが売れるの?」
というような商品を、設立して間もないころは発売していたことが印象的でした。

tamiya01

tamiya02

tamiya03

tamiya05

技術が発達して低いコストでいろいろなことを導入できるようになったので、昔のおもちゃと今のおもちゃを一括りにして比べられませんが、今のタミヤからは考えられない商品が多かったです。

タミヤを見学して何事も小さいことからコツコツとすることが大切だと再認識!
小さいころ夢中になったことを振り返ってみて、今興味があることをドンドン取り組んでいこうと思った良い機会になりました。

tamiya06

tamiya07

tamiya08

Follow me!